【実例】建築のプロがデザインした高級住宅 11 選|人気の間取りとは?

更新

誰しもを魅了する「高級住宅」。注文住宅を建てるときに予算に余裕がある人は、デザインや建材など、さまざまな部分にこだわりたいですよね。

また周囲の目線を集めるおしゃれな家は、それだけで大きなステータスになります。しかし高級住宅と一口に言っても、それぞれが理想とする内外装や間取りは異なるでしょう。

そこでこの記事では、建築のプロがデザインした誰もが憧れる高級住宅の実例 11 選をご紹介します。プロによるセンスあふれる高級住宅をぜひお楽しみください。

最後まで読み終わるころには、実際に住みたい理想の高級な注文住宅が具体的にイメージできるようになっているでしょう。

<目次>

  1. 1. 建築家がデザインした高級住宅の実例集 11 選
    1. 1-1. 道行く人を魅了する【外観編】
      1. 1-1-1. コンクリート打ちっぱなしのモダンな家
      2. 1-1-2. シンプルな中に工夫が散りばめられた家
      3. 1-1-3. 見るだけで気分が上がる、重厚感のある邸宅
      4. 1-1-4. アルミのルーバーを採用したスタイリッシュで都会的な住宅
      5. 1-1-5. 木目と空のコントラストが美しい平屋住宅
    2. 1-2. 快適な住み心地を提供する【内装編】
      1. 1-2-1. 海の側に佇むエレガントな豪邸
      2. 1-2-2. 和モダンなインテリアで高級感をかもし出す住宅
      3. 1-2-3. ブラックやブラウンでまとめられたシックなリビング
      4. 1-2-4. 建物の中央に渦巻く、圧倒的な存在感を放つらせん階段
      5. 1-2-5. 白・黒・シルバーの色味しか存在しないこだわりの家
      6. 1-2-6. ホワイト × ブラウンでまとめられた大人なベッドルーム
  2. 2. 高級住宅街ってそもそもどんな場所のこと?
  3. 3. 高級な注文住宅で人気の間取りとは?
    1. 3-1. 開放感あふれる吹き抜けリビング
    2. 3-2. 友人とのパーティーが楽しめる広めのリビング・キッチン
    3. 3-3. 庭との連続性を感じられるテラス
    4. 3-4. 室内を見渡せるオープンキッチン
    5. 3-5. 至極のリラックスタイムを堪能できるゆとりある寝室
  4. 4. 高級住宅の購入価格について
  5. 5. 高級な注文住宅は建築家(設計事務所)に依頼するのがおすすめ
    1. 5-1. 東京・名古屋・福岡など全国各地の建築家が登録している「タイテル」にお任せ!
  6. 6. まとめ

1. 建築家がデザインした高級住宅の実例集 11 選

はじめに、建築家がデザインした高級住宅の実例を「外観編」と「内装編」に分けてご紹介します。まるでホテルや別荘のような上品さを感じられる豪華な住宅をご堪能ください。

1-1. 道行く人を魅了する【外観編】

まずは外観編からみていきましょう。「住宅の顔」とも呼ばれる外観は、自分たちが与えたい印象を周囲の人に伝える要素の一つ。たとえば「おしゃれな家だと思われたい」と考えている場合には、近隣住宅とはひと味違ったセンスの良い外観デザインにすることが必須でしょう。

また、その家に住まう人が帰宅したときに最初に目にするのが外観です。そのため自分たちが満足できる「こだわり抜いた外観」にするのは、住宅を長く愛していくためのポイントといえるでしょう。

1-1-1. コンクリート打ちっぱなしのモダンな家

武蔵野の家 | Musashino house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像 武蔵野の家 | Musashino house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像 武蔵野の家 | Musashino house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像
武蔵野の家 | Musashino house (建築家:八島正年 + 八島夕子

小学校に隣接する住宅街の一角に建つこちらの住宅。打ちっぱなしのコンクリートでかたどられた家型の外観が一際目を引きます。

よく見ると、一階部分の外壁はコンクリートの型枠に杉板を用いており、きれいな木目が浮かび上がっています。プロの技が光る、非常にデザイン性の高い家です。

1-1-2. シンプルな中に工夫が散りばめられた家

南片江の家 (建築家 : 吉田慎二+杉田陽子) の作品画像 南片江の家 (建築家 : 吉田慎二+杉田陽子) の作品画像 南片江の家 (建築家 : 吉田慎二+杉田陽子) の作品画像
南片江の家 (建築家:吉田慎二+杉田陽子

清潔感のある白で統一されたこちらの住宅。とてもシンプルですが一部の木がアクセントとなり外観を引き締めています。

アプローチはゆったりと確保し、緩やかな階段を設けることで前面道路との距離をとっています。また玄関前に目隠しの壁をたててポーチを設けることで、プライバシーにも配慮しています。

1-1-3. 見るだけで気分が上がる、重厚感のある邸宅

広尾の住宅 / House in Hiroo (建築家 : 松井 大輔) の作品画像 広尾の住宅 / House in Hiroo (建築家 : 松井 大輔) の作品画像 広尾の住宅 / House in Hiroo (建築家 : 松井 大輔) の作品画像
広尾の住宅 / House in Hiroo (建築家:松井 大輔

渋谷の広尾に建つこちらの住宅は、レンガの並べ方でよく見かける「ランニングボンド」を採用して外壁をデザインしたことで、スタイリッシュな雰囲気を感じられる邸宅になりました。

加えて美しく等間隔で並べられた窓やシックなブラックの門、ガレージといったさまざまな要素が組み合わさり、ホテルのような重厚感を演出しています。

1-1-4. アルミのルーバーを採用したスタイリッシュで都会的な住宅

OPEN AIR S (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像 OPEN AIR S (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像 OPEN AIR S (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像
OPEN AIR S (建築家:伊原 孝則

一般的な住宅とは一線を画すこちらの邸宅。外壁には洗練された印象を与えるアルミのルーバーを採用しています。

一方で冷たい雰囲気に偏りすぎないように、緑を感じられる高木や生垣で外構を囲い、優しく落ち着きのある空間を演出している点も魅力でしょう。

1-1-5. 木目と空のコントラストが美しい平屋住宅

鴨居の家 | Kamoi house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像 鴨居の家 | Kamoi house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像 鴨居の家 | Kamoi house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像
鴨居の家 | Kamoi house (建築家:八島正年 + 八島夕子

こちらは神奈川県横浜市に建つ平屋住宅。外壁には木材をふんだんに使用し、ウッディでナチュラルな雰囲気を演出しています。

外から見ると窓が少なく閉じた印象で、プライバシーを確保しています。一方で建物の中央には中庭を設けているため、中に入ると明るく緑を感じられる空間が広がっています。

1-2. 快適な住み心地を提供する【内装編】

続いては高級感あふれる住宅の実例を「内装」にフォーカスしてご紹介しましょう。内装のこだわりは外からではあまり感じられませんが、住人の快適な住み心地を叶えるための重要なポイントです。

「内装にこだわりたいけど、どんな間取りがおしゃれなのかわからない」といった場合には、下記の事例を参考にしてみてください。

1-2-1. 海の側に佇むエレガントな豪邸

富津の家 (建築家 : 松田 仁樹) の作品画像 富津の家 (建築家 : 松田 仁樹) の作品画像 富津の家 (建築家 : 松田 仁樹) の作品画像
富津の家 (建築家:松田 仁樹

大きな窓から広大な海を臨めるこちらの住宅。海側の外壁一面が窓でデザインされているため、たっぷりと開放感を味わいながら四季で変化する海の様子を堪能できるでしょう。

また内装は全体的にシックな色味に統一してエレガントな雰囲気を演出。2階へ上がる階段は、存在感抜群のらせん階段を採用し、さらなる高級感をプラスしています。

1-2-2. 和モダンなインテリアで高級感をかもし出す住宅

牛久の家 | Ushiku house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像 牛久の家 | Ushiku house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像 牛久の家 | Ushiku house (建築家 : 八島正年 + 八島夕子) の作品画像
牛久の家 | Ushiku house (建築家:八島正年 + 八島夕子

こちらは、木貼りの天井とシャープな障子が目を引く、凛とした和モダンな住宅です。階段の吹き抜け部分には天窓を設け、大谷石の壁を照らしています。

和風なインテリアにする場合は、素材に統一感をもたせるとともに、すっきりとシャープな要素を取り入れることで、高級感のあるモダンな雰囲気に仕上がります。

1-2-3. ブラックやブラウンでまとめられたシックなリビング

湯布高原のVILLA (建築家 : 吉田慎二+杉田陽子) の作品画像 湯布高原のVILLA (建築家 : 吉田慎二+杉田陽子) の作品画像 湯布高原のVILLA (建築家 : 吉田慎二+杉田陽子) の作品画像
湯布高原のVILLA (建築家:吉田慎二+杉田陽子

湯布高原にそびえ立つこちらのヴィラ。家族で集まってリラックスできるリビングには、アクセントにレンガの壁を採用しています。またダイニングの壁には備え付けの収納棚。濃いブラウンで大人の雰囲気を感じられる点も大きな魅力です。

大きめのソファやダイニングテーブルを配置できるほどゆとりのある広々とした空間が、上品な高級感を演出してくれるでしょう。

1-2-4. 建物の中央に渦巻く、圧倒的な存在感を放つらせん階段

Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像 Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像 Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像
Stir (建築家:御手洗 龍

こちらの建物は1階が店舗、2〜4階が個人宅となった独創的な住宅です。建物の中心部分に1〜4階までつながる大きならせん階段が設計されており、その存在感は圧倒的。各階が吹き抜けとなり開放感も味わえるデザインで、まさに唯一無二な住宅といえるでしょう。

屋上にはリラックスタイムを堪能できるテラスもあるため、プライベートな時間を存分に楽しめます。

1-2-5. 白・黒・シルバーの色味しか存在しないこだわりの家

白×黒×シルバー (建築家 : 保坂 裕信) の作品画像 白×黒×シルバー (建築家 : 保坂 裕信) の作品画像 白×黒×シルバー (建築家 : 保坂 裕信) の作品画像
白×黒×シルバー (建築家:保坂 裕信

こちらの住宅は外観・内装ともに、白、黒、シルバーの色味しか使っていない洗練されたデザインです。

建築家とお客さまの価値観が見事に一致し、建物が完成したあとにお客さま自身が買い足した家具たちもすべてカラーが統一されています。3色に絞ることで「ここにしかない、こだわり抜いた空間」が実現しました。

1-2-6. ホワイト × ブラウンでまとめられた大人なベッドルーム

尾山台の住宅 / House in Oyamadai (建築家 : 松井 大輔) の作品画像 尾山台の住宅 / House in Oyamadai (建築家 : 松井 大輔) の作品画像 尾山台の住宅 / House in Oyamadai (建築家 : 松井 大輔) の作品画像
尾山台の住宅 / House in Oyamadai (建築家:松井 大輔

おしゃれな印象を与えるシーリングファンが設置されたこちらのベッドルーム。全体的に清潔感のあるホワイトと、落ち着きのある空間にしてくれる濃いめのブラウンで統一されていて、リラックスしたいベッドルームに適した色合いでコーディネートされています。

広々としたベッドの両サイドには、お揃いのサイドテーブルとデスクランプが配置され、まるでホテルの一室にいるかのような高級感を味わえます。

2. 高級住宅街ってそもそもどんな場所のこと?

LIGHT COURT HOUSE (建築家 : 岡本 光利) の作品画像 LIGHT COURT HOUSE (建築家 : 岡本 光利) の作品画像 LIGHT COURT HOUSE (建築家 : 岡本 光利) の作品画像
LIGHT COURT HOUSE (建築家:岡本 光利

ここでお伝えしておきたいのは「高級住宅街に明確な定義はない」ということです。高級住宅街といえば「裕福層がたくさん住む街」や「きれいな街」をイメージする人も多いですが、人によって基準や感じ方は異なります。

しかしながら高級住宅街と呼ばれるエリアは全国各地に間違いなく存在します。どのような地域が高級住宅街と呼ばれるのか、各エリアに共通する特長をまとめてみました。

  • 景観がいい場所にある
  • 喧騒から離れた場所にある
  • 良質な教育環境が整っている
  • 戸建て中心で、一戸の区画が大きい
  • デザイン性に長けた高級な住宅が多く建設されている など

たとえば東京都内であれば「田園調布」「白金台」「成城」「青葉台」「広尾」などが代表的でしょう。
ほかにも全国で見ると、大阪の「箕面」「千里」や、兵庫県の「芦屋」「西宮」、福岡の「浄水通」「大濠」などが人気の高級住宅街です。

全国各地にある高級住宅街は前述の特長を複数満たしており、暮らしやすい環境が整っていると思われます。なかでも「デザイン性に長けた、高級な住宅が多く建設されている」点については、高級住宅街を示す最もわかりやすいポイントといえるでしょう。

3. 高級な注文住宅で人気の間取りとは?

ここでは、閑静な街並みに佇む高級住宅にふさわしい人気の間取りを 5 種類ご紹介します。どれも広い敷地と予算のある注文住宅だからこそ叶う、魅力あふれる間取りばかりです。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

3-1. 開放感あふれる吹き抜けリビング

residence jo mibu banba (建築家 : 竹内 誠一郎) の作品画像 residence jo mibu banba (建築家 : 竹内 誠一郎) の作品画像 residence jo mibu banba (建築家 : 竹内 誠一郎) の作品画像
residence jo mibu banba (建築家:竹内 誠一郎

高級住宅らしい開放感あふれる吹き抜けリビングは、一度は憧れた人も多い人気の間取りです。

吹き抜けリビングはおしゃれな印象を与えるだけではなく、家族間のつながりを濃いものにしてくれます。たとえば 2 階にいても 1 階から呼びかける声が聞こえやすかったり、お互いの存在を感じやすかったりと、直接的にも間接的にも家族とのコミュニケーションがスムーズに取れるのです。

普段は仕事で忙しくて、あまり家族との時間を過ごせない人にもピッタリの間取りです。

ただし吹き抜けリビングは 2 階の床面積が小さくなってしまうため、予算と敷地に余裕がある注文住宅だからこそ叶う理想の間取りといえるでしょう。

3-2. 友人とのパーティーが楽しめる広めのリビング・キッチン

MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像
MA Residence (建築家:佐竹 永太郎

友人を誘ってパーティーを楽しみたい人には、リビングやキッチンを中心に広く設計するのもおすすめです。

一般的に、 4 人家族で快適に過ごせるLDKの広さは「16 〜 20 畳」といわれています。そのため友人を招待することも考えるなら「20 〜 30 畳ほど」あるといいでしょう。敷地に余裕がある場合には「40 〜 60 畳」で設計すると、10 人ほどの大人数でもゆとりをもってホームパーティーを楽しめる空間を作れます。

またリビングルームとキッチンを隣接させた間取りも検討してみてください。料理を準備するホストとゲスト間のコミュニケーションも取りやすくなります。

3-3. 庭との連続性を感じられるテラス

北茨城の平家 〜川に寄り添う〜 (建築家 : 納谷 学) の作品画像 北茨城の平家 〜川に寄り添う〜 (建築家 : 納谷 学) の作品画像 北茨城の平家 〜川に寄り添う〜 (建築家 : 納谷 学) の作品画像
北茨城の平家 〜川に寄り添う〜 (建築家:納谷 学

高級住宅ならではの広い敷地を活かしてテラスを取り入れるのはいかがでしょうか。テラスは室内と屋外の境界を柔らかくつなげる効果があり、屋外での過ごし方の幅を広げてくれる点が魅力です。

広いテラスでは友人や家族とバーベキューをしたり、屋外用家具を置いてキャンプ風にレイアウトしたりと、まるで室内のように自由度高く楽しめます。一方で小さなテラスは、コンパクトなテーブルと椅子を置いてリラックスしたり、広い庭で遊ぶ子どもたちの様子をゆっくり眺める場所にしたりと、特別な空間を演出します。

このようにリビングから庭への連続性を感じられるテラスを取り入れると、室内と屋外でフレキシブルな過ごし方を堪能できるでしょう。

3-4. 室内を見渡せるオープンキッチン

大島の住宅 (建築家 : 鴻野 吉宏) の作品画像 大島の住宅 (建築家 : 鴻野 吉宏) の作品画像 大島の住宅 (建築家 : 鴻野 吉宏) の作品画像
大島の住宅 (建築家:鴻野 吉宏

料理をする機会が多いならキッチンにもこだわって間取りを考えましょう。

キッチンにもさまざまなスタイルがありますが、なかでも作業をしながら家族の様子を見渡せる対面型の「アイランドキッチン」や「ペニンシュラキッチン」などは、注文住宅でぜひ取り入れたい人気のオープンキッチンです。

対面型のオープンキッチンでは、料理中でも家族とコミュニケーションが取れるので一体感を得られます。さらに料理をしながら広いリビングや庭を見渡せると、開放感を味わえて気持ちよく作業ができるでしょう。

また複数人で料理をするケースが多いなら、キッチンの広さにもぜひこだわってくださいね。

3-5. 至極のリラックスタイムを堪能できるゆとりある寝室

residence jo kamisannomiya (建築家 : 竹内 誠一郎) の作品画像 residence jo kamisannomiya (建築家 : 竹内 誠一郎) の作品画像 residence jo kamisannomiya (建築家 : 竹内 誠一郎) の作品画像
residence jo kamisannomiya (建築家:竹内 誠一郎

1 日の疲れを癒す寝室は、至極のリラックスタイムを過ごせるようなゆとりのある間取りが人気です。

ベッドのみを置いて眠りに集中する室内に整えたり、ベッド以外にも一人掛けチェアやサイドテーブルを置いてリラックスできるようにしたりと、さまざまな使い方ができる寝室。設計時には寝室に置きたい家具やインテリアを想定してから間取りを決めると、スムーズにゆとりのある空間に仕上げられるでしょう。

さらには窓から見える景色にもこだわって寝室の位置を決めると、より贅沢なリラックスタイムを実現できます。

4. 高級住宅の購入価格について

高級住宅の購入価格は、「1 坪(3.3 平方メートル)あたり約 100 万円~」が相場となります。とはいえさまざまな要素によって高級住宅の購入価格は変動するため、必ずしも 1 坪 100 万円というわけではありませんのでご注意ください。

高級住宅の値段を大きく左右する要素は以下の通りです。

  • 構造の違い(木造・鉄筋コンクリート・混構造など)
  • 仕様の違い(デザイン性・資材・設備など)
  • 坪単価の計算方法の違い(ハウスメーカー・設計事務所・工務店など)

そのほかにも個人の趣味・志向によってこだわりが出る部分は、値段にも影響を与えます。たとえばシアタールームやホームジム、ガレージ、プールなどがその一例です。こうした一般的な仕様と異なる空間を取り入れると坪単価の値段は高くなる傾向にあります。

詳しく住宅の価格について知りたい方は、家を建てる費用はいくらかかる?土地あり・土地なしの場合の考え方を解説 の記事もご覧ください。

5. 高級な注文住宅は建築家(設計事務所)に依頼するのがおすすめ

大島の住宅 (建築家 : 鴻野 吉宏) の作品画像 大島の住宅 (建築家 : 鴻野 吉宏) の作品画像 大島の住宅 (建築家 : 鴻野 吉宏) の作品画像
大島の住宅 (建築家:鴻野 吉宏

高級な注文住宅を建てるなら、建築家(設計事務所)への依頼をおすすめします。建築家はお客さまの希望に沿ってゼロから設計を行う「完全自由設計」だからです。そのためほぼ制限がなく唯一無二の住宅を建てられるでしょう。

一方でハウスメーカーなどの設計者の場合は、あらかじめラインナップされた建材や設備のなかから選んで注文住宅を建てていきます。実績のある製品から選べるものの、高級住宅らしい大胆な仕様は叶わないケースも多いのです。

設計における柔軟性が高い分、費用は建築家へ依頼するほうが高くなるかもしれません。しかし前述のとおり、建築家はお客さまの希望に沿ってデザインするのが仕事です。費用面で心配事がある場合にはしっかりと相談しながら進めていけば、予算内でできる最大限の仕事をしてくれます。

本当に理想の注文住宅を建てたいなら、まずは建築家(設計事務所)に相談してみましょう。

5-1. 東京・名古屋・福岡など全国各地の建築家が登録している「タイテル」にお任せ!

WHITE COURT HOUSE (建築家 : 岡本 光利) の作品画像 WHITE COURT HOUSE (建築家 : 岡本 光利) の作品画像 WHITE COURT HOUSE (建築家 : 岡本 光利) の作品画像
WHITE COURT HOUSE (建築家:岡本 光利

「予算に余裕があり、こだわり抜いて高級な注文住宅を建てたい」とお考えの場合には、ぜひ弊社「titel(タイテル)」にお任せください。

titel(タイテル)では、新築したい人やリノベーション・リフォームをしたい人と、建築家(設計事務所)をマッチングさせるサービスを提供しています。東京などの関東地方だけではなく、名古屋や福岡といった関西地方など、全国各地の建築家が登録しているところもタイテルの魅力です。

もしもお住まいの地域に登録している建築家がいなくても、遠隔で設計を請け負ってくれるケースも多いため地域がどこであれ、まずは一度タイテルまでお気軽にご相談ください。

6. まとめ

今回は、思わず見惚れてしまうプロが設計した高級住宅の実例 11 選をご紹介しました。高級住宅ならではの広い敷地を活かしたダイナミックなデザインや、細部にまで気配りを欠かさない機能性など、プロの建築家ならではのこだわりを感じられたかと思います。

そして後悔しない理想の注文住宅を建てるなら、建築家へ相談することが近道です。依頼者の意向に沿ってゼロから設計した唯一無二の注文住宅を建てられるため、 titel(タイテル)の「建築家紹介サービス」をご活用ください。

タイテルでは、専門家による相談を無料で受け付けております。もし判断に迷った場合は、ぜひお気軽にご相談 ください。

建築アドバイザーに相談してみよう

「じゃあ実際、私の理想の高級住宅を建てるには誰に相談すればいいの?」「自分に合った進め方はどうすればいいの?」と思っているあなた、ぜひタイテルの建築アドバイザーにご相談ください。

設計事務所出身の建築アドバイザーが、あなたのお悩みや希望をお聞きします。「こういうことで困っているんだけれど」という気軽なお悩み相談でももちろん構いません。プロの話を聞いてみたい、経験者や第三者にも見てもらいたいと思っている方は、ぜひ気軽に無料相談をご活用ください。

後悔しない家づくりをするためには、プロの意見を一度は聞いてみることがオススメです。

設計事務所出身の「建築アドバイザー」が、お悩み相談や建築家紹介を【無料】でご対応

《 全国対応 》オンラインで気軽に、または店舗でじっくりと

タイテルとは

titel(タイテル)ロゴ

タイテルは、こだわりの住宅自由な家づくりを求めるあなたを家づくりのプロがサポートする新しいプラットフォームです。

土地探しやローンからの相談もフルサポート

詳しく知る

ご相談の流れ

タイテル 家づくり講座

無料相談・ヒアリングから家づくりをスタートするまで、タイテルのサポートの流れをご紹介

詳しく見る

お客様の声

Full Star Full Star Full Star Full Star Zero Star
総合満足度:4.84 / 5.00

正直にアドバイスしてくれること・自分たちの希望をよく理解してくれること・対応がいつも早いことが良かった」

「家づくり全体をきめ細かくサポートしてくれました」

もっと見る