注文住宅で家を建てる費用の支払いタイミング完全解説

更新

注文住宅の家づくりを考えている方々から、このような質問や不安をよく聞きます:

「いつ、いくらの支払いをすればいいの?」

「どのくらいの現金を用意すればいいの?」

「いつまでに住宅ローンの手続きをする必要があるの?」

そのような方に向けて、注文住宅の費用の支払いタイミングのすべてを詳しく解説します。
まずはポイントのまとめです

  • 注文住宅を建てるときは、土地・設計・工事の支払いをそれぞれのタイミングで行います
  • 土地の支払い」は、売買契約書を結ぶときにまず手付金として 5~10% を、残りの金額はローンの審査が通った後に、土地売主に対して払うことが多いです
  • 設計の支払い」は、設計者を雇ってから建物が竣工するまでのあいだに、3~6 回に分割して設計料を支払うことが一般的です
  • 工事の支払い」は、着工時、上棟時(基本構造の完成)、竣工時(全工程の完了)の 3 回に分けて支払うことが多いです

家づくりを始める前にお金の全体像を理解して、しっかりと準備をして家づくりを始められるようにしましょう。

この解説では、注文住宅の主なケースとして ① 土地探しから始める、② 住宅ローンを組む という前提で説明をしています。すでに土地を持っている・住宅ローンは必要ないという方は、設計者を雇う のパートからお読みください。

それぞれの家づくりで流れやケースが異なることもあるので、あなたの家づくりについて確認や相談をしたいときは 専門家への無料相談 を活用してください。

注文住宅で家を建てる費用の支払いタイミング

あわせてチェック:

注文住宅の家づくりの流れと期間を【徹底解説】

家づくり全体の流れと、どれくらいの期間がかかるのかを解説しています。それぞれのプロセスの詳しい内容を解説している記事なので、いま読んでいる支払いタイミングの解説とあわせて読むと、全体像をより詳しく理解できます。