ラグジュアリーなリビングの作り方!建築事例 9 選

更新

高級感あふれるホテルのようなリビングで、大切な人とプライベートな時間を楽しむ。リビングはラグジュアリーなインテリアにしたいと希望する方も多いでしょう。

好みのインテリアを実現するには、家を設計するときに選ぶことをおすすめします。上質な空間を作るには、窓や天井の高さなどの建築デザインが深く関わるためです。

今回は、建築家がデザインしたラグジュアリーなリビングの建築実例を 9 選紹介します。マイホームのインテリアの参考に、ぜひご覧ください。

<目次>

  1. 1. トレンドはモダンラグジュアリーなリビング
  2. 2. ラグジュアリーなリビングの建築事例 9 選
    1. 2-1. 家具にこだわった海外風インテリア
    2. 2-2. 高級感あふれるモノトーンインテリアのリビング
    3. 2-3. 都会的なシンプル&ラグジュアリーリビング
    4. 2-4. シンボリックな螺旋階段のあるリビング
    5. 2-5. 大人の隠れ家を思わせるラグジュアリーモダン
    6. 2-6. 間接照明が演出する上質なインテリア
    7. 2-7. ワンランク上の和モダンインテリア
    8. 2-8. リノベーションで叶えるモダンラグジュアリー
    9. 2-9. リゾート風のラグジュアリーインテリア
  3. 3. まとめ

1. トレンドはモダンラグジュアリーなリビング

MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像
MA Residence (建築家:佐竹 永太郎

現在、流行のインテリアスタイル「モダン・ラグジュアリー」は、直線や水平線といったモダンインテリアの中に、素材や質感で上質なデザインを選んでいく形式です。

モダン・ラグジュアリーと対比して描かれるスタイルに、クラシック・ラグジュアリーがあります。クラシック・ラグジュアリーは富や権力といったイメージを与えるインテリアスタイルです。シニア層に好まれることで知られています。

クラシック・ラグジュアリーでは、シャンデリアやペルシャ絨毯など、豊かさや地位を象徴するアイテムを取り入れ、高級感を演出していきます。猫足の家具や、ゴールドの装飾を施した豪華な調度品を飾るのもクラシック・ラグジュアリースタイルと言えるでしょう。

一方で、モダン・ラグジュアリーは若い層に支持され、文化や独自性といった質を重視するスタイルです。天然石のタイルや無垢のフローリングなど、素材の質感を生かした手法が取られます。ご家族に代々伝わる家具など、大切にしている価値観や文化をインテリアで表現するのも方法の一つです。

モダン・ラグジュアリーは、自分にとって意義のある本物の価値を重視するスタイルと言えるでしょう。

2. ラグジュアリーなリビングの建築事例 9 選

Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像 Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像 Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像
Stir (建築家:御手洗 龍

リビングで好みのインテリアを実現するには、実例を参考にイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。ここからは、建築家がデザインしたラグジュアリーなリビングの事例を 9 つ解説します。

いずれも、注文住宅だからこそ叶う個性豊かなリビング空間です。それぞれの事例のポイントも解説します。

2-1. 家具にこだわった海外風インテリア

MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 MA Residence (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像
MA Residence (建築家:佐竹 永太郎

【ポイント】

  • メインカラーの黒で全体をコーディネートすることで上質な空間に
  • まるでインターナショナルギャラリーのような、上質なインテリアの事例を紹介します。床に置かれたヴィトンのトランクや、壁に飾られたケニアのアートなどは、海外で長く暮らしてきたオーナー様の思い出がたくさん詰まっているそうです。

    一つ一つ表情の違うインテリアを、メインカラーの黒でまとめることで統一感を出しています。建築では凝ったデザインを施さないことで、すっきりとモダンな仕上がりに。

    オーナー様の人柄を感じるような、本質的な豊かさを感じるラグジュアリーなリビングですね。

    2-2. 高級感あふれるモノトーンインテリアのリビング

    祐天寺の住宅Ⅰ / House in Yutenji Ⅰ (建築家 : 松井 大輔) の作品画像 祐天寺の住宅Ⅰ / House in Yutenji Ⅰ (建築家 : 松井 大輔) の作品画像 祐天寺の住宅Ⅰ / House in Yutenji Ⅰ (建築家 : 松井 大輔) の作品画像
    祐天寺の住宅Ⅰ / House in Yutenji Ⅰ (建築家:松井 大輔

    【ポイント】

  • 天然素材であるタイルを、床と壁に使ってラグジュアリー感をプラス
  • ラグジュアリー感をプラスするには、本物の石の素材感を持つタイルをリビングに取り入れてみてはいかがでしょうか。タイルの質感を生かしたモノトーンインテリアのリビングを紹介します。

    床材にマットな質感の黒いタイルを使うことで、グッと高級感のある空間に。ピアノの横の壁にも、大理石を施すことで温かみをプラスしています。

    キッチンはオープンなスタイルにすることで LDK が一つの大きな空間にみえますね。リビングの収納扉も、白で揃えることで全体がモノトーンですっきりとまとめられています。

    グランドピアノの音色を聞きながら、ゆったりと食事を楽しみたくなる素敵なリビング・ダイニング空間です。

    2-3. 都会的なシンプル&ラグジュアリーリビング

    東麻布の家|Higashi-Azabu House (建築家 : 武富 恭美) の作品画像 東麻布の家|Higashi-Azabu House (建築家 : 武富 恭美) の作品画像 東麻布の家|Higashi-Azabu House (建築家 : 武富 恭美) の作品画像
    東麻布の家|Higashi-Azabu House (建築家:武富 恭美

    【ポイント】

  • 壁面の収納と間接照明がデザインのポイント
  • 使う色を抑えてシンプルなコーディネートでまとめつつも、ラグジュアリー感を演出したリビングを紹介します。床材の白いグロッシーなタイルが、吹き抜けの大きなガラス窓とよく似合っていますね。

    壁際に設けた収納棚に間接照明を施すことで、デザインのポイントとしています。東京タワーのみえる方向に大きな高窓を設け、リビングから臨められる間取りに。

    エネルギッシュな東京の都会の中で、明日への活力がリチャージできそうなアーバンスタイルのリビングです。

    2-4. シンボリックな螺旋階段のあるリビング

    Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像 Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像 Stir (建築家 : 御手洗 龍) の作品画像
    Stir (建築家:御手洗 龍

    【ポイント】

  • シンボリックな螺旋階段で優雅さを演出
  • ハイグレードなインテリアを目指すなら、目を引くデザインを一つ作ってみてはいかがですか。優美な曲線を持つ螺旋階段を、吹き抜けのリビングに配置した事例を紹介します。

    ヨーロッパの建築にみられる螺旋階段は、シンプルなデザインを選ぶと現代の住宅にも良く似合います。1 階と 2 階の内装を、木目で揃えることであたたかみを感じる空間に。

    クラシカルな柄のカーペットの上で、週末にはゆっくりとくつろぎながら映画鑑賞をしたくなるハイグレードなリビングですね。

    2-5. 大人の隠れ家を思わせるラグジュアリーモダン

    眺の家 | A place to admire beautiful things (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像 眺の家 | A place to admire beautiful things (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像 眺の家 | A place to admire beautiful things (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像
    眺の家 | A place to admire beautiful things (建築家:伊原 孝則

    【ポイント】

  • 吹き抜けの大空間と階段のガラス手すりでホテルライクな空間に
  • リビングを吹き抜けの大空間にした事例を紹介します。リビング全体をダークカラーでまとめると、グッと大人なリラックス空間になりますね。天井を木目に仕上げることで落ち着きがあり、まるでホテルのような高級感を演出しています。

    全体を明るくするのではなく、ポイントごとに照明をつけるのもラグジュアリー感を出すポイントです。壁を照らす間接照明やモダンな形のペンダント照明と、必要な箇所だけを照らしています。

    バーカウンターでゆっくりとお酒を楽しみたくなる、まるで大人の隠れ家のようなリビングですね。

    2-6. 間接照明が演出する上質なインテリア

    芦ノ湖の別荘 (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 芦ノ湖の別荘 (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像 芦ノ湖の別荘 (建築家 : 佐竹 永太郎) の作品画像
    芦ノ湖の別荘 (建築家:佐竹 永太郎

    【ポイント】

  • 折り上げ天井と間接照明で上質な空間に
  • これからマイホームの間取りを設計するなら、リビングに折り上げ天井を取り入れてみてはいかがですか。部屋の中央の天井を、一部分高くした天井を折り上げ天井といいます。

    折り上げ天井を取り入れると、部屋に奥行き感が生まれます。さらに間接照明を取り入れると、より一層ワンランク上の灯りの演出ができるでしょう。

    また、 TV を壁に埋め込み、壁一面に天然石を使っているのもゴージャス感を演出するポイントです。見晴らしの良い高台の上から夕景をゆったりと眺めたら、気持ちにも余裕が持てそうなラグジュアリーなリビングです。

    2-7. ワンランク上の和モダンインテリア

    三浦海岸の別荘|Miura Beach House (建築家 : 武富 恭美) の作品画像 三浦海岸の別荘|Miura Beach House (建築家 : 武富 恭美) の作品画像 三浦海岸の別荘|Miura Beach House (建築家 : 武富 恭美) の作品画像
    三浦海岸の別荘|Miura Beach House (建築家:武富 恭美

    【ポイント】

  • 無垢材の質感を贅沢に生かしたコーディネート
  • 和モダンがお好きなら、無垢材を大胆に取り入れて質の高さを演出してみませんか。無垢のフローリングは本物の木が持つ繊細な表情とあたたかみを持ち、リビングに高級感をもたらします。

    写真の事例は、キッチンの面材や壁にも木目を取り入れ、統一感のあるコーディネートが完成していますね。サイドボードの家具や飾られた絵画にもセンスを感じる、ワンランク上の和モダンインテリアです。

    2-8. リノベーションで叶えるモダンラグジュアリー

    京都と海外が融合する家 (建築家 : 田中 洋平) の作品画像 京都と海外が融合する家 (建築家 : 田中 洋平) の作品画像 京都と海外が融合する家 (建築家 : 田中 洋平) の作品画像
    京都と海外が融合する家 (建築家:田中 洋平

    【ポイント】

  • リノベーションで LDK を大空間に仕上げた間取り
  • リノベーションでラグジュアリーなリビングを目指すなら、間仕切り壁を少なくして大空間を作ってみませんか。LDK を広くとった古民家のリノベーション事例を紹介します。

    床材には無垢材のヘリンボーン、ダイニングの上にはシャンデリアと、ゴージャスなデザインが目を惹くインテリアです。ファブリックのソファにクリアのサイドテーブルと、さまざまな素材を使いながらも全体を木目でまとめることで、一つに調和しています。

    クラシカルなデザインを取り入れつつモダンにまとめた、ハイセンスなリビングです。

    2-9. リゾート風のラグジュアリーインテリア

    イリタビーチハウス | IRITA BEACH HOUSE (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像 イリタビーチハウス | IRITA BEACH HOUSE (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像 イリタビーチハウス | IRITA BEACH HOUSE (建築家 : 伊原 孝則) の作品画像
    イリタビーチハウス | IRITA BEACH HOUSE (建築家:伊原 孝則

    【ポイント】

  • 金属の質感を生かしたリゾートラグジュアリー
  • ラグジュアリーな中にもクールさをプラスするなら、金属をインテリアに加えてみませんか。白と木目を基調としたインテリアの中に、金属をアクセントに使った住宅を紹介します。

    対面キッチンの天板や換気フードに用いたステンレスのツヤ感が、ダイニングを美しく彩っています。シンプルながらも存在感のあるデザインのダイニング照明と、スケルトン階段の色をあわせ、統一感を出していますね。

    中庭から心地よい風が通り抜ける、まるで高級リゾートのようなダイニング・リビングです。

    3. まとめ

    ラグジュアリーなリビングを目指すなら、家具や照明など後からプラスできるデザインだけでなく、設計の段階から建築家と一緒にデザインを考えていきませんか。

    一口にラグジュアリーといっても、都会的なスタイルからリゾート風までスタイルはさまざまです。イメージ通りのプライベート空間を叶えるためにも、建築家に相談してみましょう。