八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜

八ヶ岳の麓、ウインタースポーツを楽しむご夫婦ためのセカンドハウスの計画です。


敷地は広葉樹と針葉樹が混ざり合う森に囲まれ、隣戸とは100m程の間隔でしょうか。

冬の雪の中のアクセスを考慮し、車が敷地内を通り抜けることができるように森の木々の間を縫う車の動線を描きました。その動線の上にまたがるように、森での最低限の生活をするための直方体の建物を載せました。車は建物の下にアクセスして、直接住戸内に入ることができます。


セカンドハウスは大きな一体の屋根に包まれたワンルーム。両サイドに大きな開口とバルコニーを設け、広葉樹と針葉樹の森の中に浮かぶクライントの拠点ができました。



設計担当:納谷学、高橋正嘉

構造設計:かい構造設計 寺門規男

施工会社:

構造形式:地下1階 壁式RC造 + 1階木造


 延床面積 : 94.40m²(28.56坪)

地下面積 : 48.03m²(14.53坪)

1階面積 : 46.37m²(14.03坪)


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その1 (建築家 : 納谷 学)

敷地内に入る車の旋回アプローチにまたがるセカンドハウス。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その2 (建築家 : 納谷 学)

ガレージを通り抜けできます。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その3 (建築家 : 納谷 学)

ガレージの中に1階スペースへの出入り口があります。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その4 (建築家 : 納谷 学)

地下のガレージから住戸へのアプローチ階段です。もぐらのように床からリビングに入ります。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その5 (建築家 : 納谷 学)

建物を直方体の長いワンルームにして、両サイドに大きな開口とバルコニーを計画しました。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その6 (建築家 : 納谷 学)

コンパクトにまとめたキッチン。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その7 (建築家 : 納谷 学)

建物の柱と森の木々が呼応し森の中で浮いているようです。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その8 (建築家 : 納谷 学)

バルコニーが森と建物を繋げます。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その9 (建築家 : 納谷 学)

寝室側から見たところです。天井は対角線の棟形状のまま、構造用合板の表しとしています。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その10 (建築家 : 納谷 学)

敷地内を旋回して通り抜けることが出来ます。


作品「八ヶ岳のセカンドハウス〜森の中に浮かぶ〜」の画像 その11 (建築家 : 納谷 学)

夕景になると、内部の光が漏れます。 ガレージの建具はポリカーボネートの波板です。

この建築家に相談してみたい

納谷 学 | 納谷建築設計事務所 の他の建築・作品

仙台の住宅 〜中庭とデッキテラス〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
仙台の住宅 〜中庭とデッキテラス〜
川口の住宅 〜柔らかい緩衝帯で解決〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
川口の住宅 〜柔らかい緩衝帯で解決〜
トヨタカローラ秋田 南店 〜車と木質空間〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
トヨタカローラ秋田 南店 〜車と木質空間〜
院内の住宅 〜建具のインスタレーション〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
院内の住宅 〜建具のインスタレーション〜
綾瀬の住宅 〜築70年に暮らす〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
綾瀬の住宅 〜築70年に暮らす〜
208号室 〜最小限のリノベーション〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
208号室 〜最小限のリノベーション〜
奥沢の住宅 〜十字プランと4つの庭〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
奥沢の住宅 〜十字プランと4つの庭〜
恵比寿の住宅 〜5.1坪のスキップフロア〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
恵比寿の住宅 〜5.1坪のスキップフロア〜
市川の住宅 〜入れ子の隙間を愉しむ〜 | 建築家 納谷 学 の作品
納谷 学 | 納谷建築設計事務所
市川の住宅 〜入れ子の隙間を愉しむ〜